最新モデルを身に着け続投を発表

シリーズ21作目となる「007/カジノ・ロワイヤル」から、6代目ジェームズ・ボンド として参加してきたダニエル。アメリカのトーク番組に出演した際、司会者から「次回もボンドを演じるのか?」と質問を受けると、静かに微笑みながら「イエス」と初めて続投を明言したのです。

「007」の3作品のアニバーサリーを記念した、オメガ「シーマスター ダイバー 300 “コマンダー“ ウォッチ リミテッド エディション」を着用しての嬉しい発表となりました。

DC_Commander’sWatch
ちなみに前作「007 スペクター」でボンドが身に着けていたのは、シーマスター 300を特別仕様にデザインしたモデルです。シーマスター 300は1957年に発表されたオメガ初のプロフェッショナルダイバーズウオッチの復刻版で、マスター コーアクシャルキャリバーの搭載や、セドナゴールドを採用したモデルも揃えるなど、クラシックな見た目に先進技術が満載。くさび形インデックス、ヴィンテージスーパールミノバ、凹凸のあるベゼルなどは、オリジナルを再現した意匠です。