インテル、グーグルお墨付きのスイス製スマートウオッチ第2弾

2015年にスイスで開かれたバーゼルワールドにて、タグ・ホイヤーはインテル・グーグルと共同でスマートウオッチを開発すると宣言。そして、翌年には全世界で初のスマートウオッチ「タグ・ホイヤー コネクテッド」を展開(日本では2015年末に先行販売)し、大いに話題を呼びました。

第2弾となる「タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー45」も、インテル、グーグルとの共同開発によって誕生。記者発表に登壇したインテルとグーグルの代表者は以下のように言っています。

「すばらしいパートナーと一緒に、スマートなコネクテッド・デバイスのネクストウェーブを作り出すことは、Intel のコア戦略の一つとなっています。私たちは、タグ・ホイヤーと強力なコラボレーションを継続することができたことを大変うれしく思っております。革新的なデザインとテクノロジーを採用した タグ・ホイヤー コネクテッド モジュラー 45は、高級スマートウォッチの限界を乗り越えるものとなります」 –インテルの新技術グループ ゼネラルマネジャー兼上級副社長ジョシュ・ウォールデン

「第 1 世代のタグ・ホイヤー コネクテッドは、伝統的な時計製造技術と最先端技術を組み合わせたことで可能となる境界を押し広げました。私たちは再びタグ・ホイヤーと協力し、タグ・ホイヤーのクラフトマンシップと Android Wear のプラットフォームのたえまない革新を示す、新しいパワフルなコネクテッド ウォッチを作ることができ、興奮しています」– GoogleのAndroidエンジニアリング担当副社長デヴィッド・シングルトン