ジュネーヴ国際時計展」のロバート・费の欧芸術品シリーズPieceさあ、ロバートFilliouアート

ロバート・高パーキンとスティーブン・富斯は時間を構築する者、時間のダンスの振付師さんや時計機械の建築家。」ロバート・費用は1987年に亡くなったが、彼の思想理念は世界に続く。その「Chapeaux!」展開催にあたり、この激浪派(Fluxus)アーティストの作品『ラGalerie legitime》重煥生気を作成する日、私達は更に芸術腕時計にこの卓尔非凡な創作大師に敬意を表する。その文字盤刻ん费の欧所のあがめ尊ぶ同等原則―「well made、badly made、ないmade」(が出来て、差はありませんし、工夫を凝らしている)、「作る」の差が、そのと私たちはセイコー細制の追求と裏腹に、製造の諧謔効果。表の販売の側縁配備ルーペメカニズムによって、じっと鑑賞ウィラード・維岡田(Willard Wigan、MBEイギリス帝国勲章を受賞)の微雕新作。この彫刻参考费の欧1件の名は『Couv「e – Chef(s)「e – Dkuv(s>』の作品を採用し、ドーム硬シルクハット造型で、『Chapeaux!」展示出展芸術家たちの創意勃発の作品が中から湧き上がる。この芸術探検活動のすべての参加者を紹介する。