ネックレスの円がよくどうして_小さく編みを落としを差し引いてあなたにネックレスの円が落ちなくやすい方法を差し引きを教えます

女の子はすべてアクセサリーをつけることが好きで、しかしネックレスの話に似ていて1つの小さい悩みがあって、ネックレスは長くなったトーラスをつけて緩めて、きつく掛けられないで、この時の話小さくてみごとな手が少し処理するのが良くなることができたのがなにかあります。ネックレスのトーラスの落ちなくやすい方法に関して今日引き続き小さく編んでちょっと学ぶことができに来ます。

1、ネックレスの円は落ちなくやすい方法を差し引きます

女子学生がネックレスをつけると感じる時やはり(それとも)彼氏あるいは旦那さんのお手伝いが付けるのが最も良くなったです。しかし単身の女子学生が確かで賛成しません。ネックレスは自分で一人も付けることができると言いますが、しかしたまにネックレスの円が緩めて落ちるのを差し引く時つけにくかったです。それならスプリング型のトーラスがもしも少しかえて差し引くことしかできないのでしたら。もしもトーラスのボタンでしたら、それならネックレスを首の前方に移動することができて、自分でそれを見ていて小さくボタンボタンの上でまたにネックレスをうまく調整します。

2、ネックレスは黒くなってどうするのに酸化します

金属の性質のアクセサリーがつけるのは長くなって、よく空気の中和の酸素が接触する後で暴露して、酸化して黒くなって、特に銀のアクセサリーに似ていて、この時のアクセサリーのとても黒くなったのは美しくありません。多くの人はそれなら送って買うアクセサリー店の中ですこし洗う良くなったと感じて、しかし実は洗って多くなったやはり(それとも)アクセサリーの自身に対して一定のが傷つけるのをもたらします。ここは小さく編んで1つの節約するアクセサリーのお手入の方法を紹介します。まず、歯磨き粉を柔軟なタオルの上に1時(点)に絞り出すだけを必要として、それからタオルは水をつけて静かに何度もアクセサリーを拭いて、何分の後で清水できれいに洗い流すのが良いです。それから別の簡便な方法がまだあって、ティッシュの上でシッカロールを入れて、ネックレスをシッカロールの中でそっと少しもんでに置きます。