時計の本革のベルトの手入れ方法

通常、腕時計のベルトは2つの種類に分けられ、それぞれ金属製のベルトと皮質のベルトである。皮質帯の分類には、生後6ヶ月以内の子牛の牛皮をなめして作られた皮革で、牛皮の中の上等品です。皮の生地は毛穴が小さく、品質が柔らかくて滑らかで、皮の生地面積は通常15平方メートル以下であるため、ベルトを作るための小さな皮具に非常に適しており、受級の名前表には牛の皮とワニの皮を結合するものもある。馬のお尻の皮は馬のお尻の皮の材料を指して、それは馬の皮の中で最も長く磨いて、密に最も高くて、最も古い皮の種があります。1頭あたり直径0.5メートルの丸い皮を2枚取り外すことができるため、合格した馬のお尻の皮はもっと少ないので、馬のお尻のベルトの価格も今のところ不便です。
万国の真皮の時計の帯はどれらの種類があります
ワニの皮のベルトは多くの高級な時計がよく会うベルトの種類で、現在の大部分のブランドはすべてアメリカの短いキスワニをワニの目のベルトの材料として選んで、これはその皮質が道を書いて配慮して、柔らかくて、ベルトの材質として比較的に長い間使うためです。ダチョウの皮は世界で公認されている最も貴重な良質な皮革の一つで、品質が軽くて柔らかくて、良好な通気性で、しかも伝統的な牛の皮より長い間磨かれていて、しかも柔らかくて脂っこいダチョウの皮も皮膚の柔らかい女性に合わせて着用するのに適しているので、ダチョウの皮は10分でベルトの材料に協力するのに適していると言えます。