全部おさめてください、これは1部が女王の春季に着て宝典を掛けるのです

3月8日は国際労働の国際婦人デーで、早めに多くの日を信じる前にみんながすでにある宝の商店を受け取って、号を購読して“女王の節(つ)”の宣伝と広告をし始めたのを送りをおします。“労働の女性”の概念を変えて“女王”になって、マーケティングの角度から上がってくるのはみごとだそうです。同時にこれも代表していて、女性の地位もだんだん多くなられて重視します。今日腕時計の家は時計におしゃべりするだけではなくて、ちょうど春、私達は女王達のために1部の春節に着て宝典を掛けるのを準備して、この全体の春で望んで、みんなはすべて自信を持つ女王になることができます。
異なる人の群れが着て求めた目的を掛けるを主なにして、私達がこの宝典のディレクトリを分けるのは優雅で、多彩で、心地良いです。ねらって皆の女王に自分に属する風格が見つからせます。中間が混じえていくつかが着て小さいtipsを掛けて、早く小さい本を持って覚えます。
優雅です(自信が最大の武器だ)
女性の優雅なのは一挙手一投足の中から体現していることができて、着て細部を掛けると中から外部の印象をも強化しなければなりません。優雅係の服装を選ぶ時、従う掟は裁断してできるだけ簡素化、材質の選択の上でもっと注意するで、材質の非常に悪い(糸口と毛玉がでもとても大きくて分を減らす)を選ばないでください。それとも色の選択の上で地味な中性の色を主なにします。適切な取捨選択と適切な流行の感、人にあげてちょうどとてもとても侵略性の感覚があることはでき(ありえ)ないです。自分の体つきの基礎によって上で、長所を利用し短所を克服します。私達はいくつ(か)の例を挙げに来て、春の優雅な女性はどう適切なののを選んで着て掛けるべきです。