妙技童心、ティム趣IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー工事の傑作

ちょうどローレンス世界スポーツ大賞は上海で発表され、全世界で最も優秀な選手たちが一堂に会する際に、このからスイスタブ名家――IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニーの時計も運動を迎えた光る時:エンジニア自動時計「ローレンススポーツ公益財団」特別版(型番:IW323909踏襲よき伝統はIWC)としてインターナショナル・ウォッチ・カンパニーもっぱら同基金発売の第九項特別版腕時計、全力支持基金クラブの公益事業に従事する。中国の有名な体操選手や多くのオリンピックの金メダリスト、世界选手権の男女24、IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー東北アジア区ディレクター高睿思(Goris Verburg)さんとローレンス世界体育学院エドウィン・モシェ氏(Edwin Moses)さんと一緒に、メディアに紹介したこのスイスからシャフハウゼン限定版の経典の腕時計。文字盤マークのローレンス藍鮮やかに表現するこの枚は時計の使命をはるかに超えて表示時間、その販売収益の一部を寄付のローレンススポーツ公益財団、助けのそのは全世界範囲内スポーツ関係の発展と社会の項目を改善に受難の弱い児童及び靑少年団体生存の境遇に貢献する。
少し前に新たに任命されローレンススポーツ公益基金会イメージ大使の男女24基金会の貴重な仕事に敬服してやまない。「基金会は弱者の子供たちの暮らしにとても積極的な影響は、男女24」、「どんなに彼らに経大都市は戦乱の苦い問題地域に関わらず、彼らはどんな色も人種、宗教、ロレンスのプロジェクトの展開も支持と自信を与え、彼らの生活に直面する勇気を楽観し彼らの集団精神を促した。」IWCインターナショナル・ウォッチ・カンパニー2005年からはもうローレンス基金会のグローバルパートナー。一年に一度の特別版限定版が発売されて注意:弱い時計世間児童の未来は一つ、私達のすべての人の厳しい問題。「ローレンススポーツ公益基金会は痩せ牛も数たかれの有力証明」高睿思締めくくった、企業として、私達はとても誇りはそのグローバル社会プロジェクトサポートしてその一層の発展を促進する。」ローレンス世界体育学院の主席エドウィン・モシェ列挙した一連のデジタル展示ローレンス基金会の達成:「2000年今なお、ローレンス基金会は募集を超えるろく万ユーロの義援金を支持するように35カ国で展開の150の地元のプロジェクトは、それによって150万人に若い人の生活に積極的な影響。」