ジュリエットビノシュ装着Chopardショパン出席ベニス映画祭の映画《Wait』試写会及びショパンジュエリー晩餐会

会見で古い手配されて華麗なプライベート官邸内で開催され、Chopardショパンの共同社長兼アートディレクターカロ舍费尔(Caroline Scheufele)やシリーズキャラクターヒラリー・ローダ(Hilary Rhoda)と一緒に新しい製品をImperialeベールを脱ぐ。
その夜、Chopardショパンが発表した1項のロイヤルジュエリー愛蔵版セット(Empress Jewelleryボックス)は、ヒラリー・ローダ(Hilary Rhoda)夜装着のティアラと指輪のほか、またご件Imperiale高級宝石の共同。
映画「イングリッド万歳」(Viva Ingrid)も会見後のカクテルを内覧会で、これは1部に映画の史の上で最も偉大な女優イングリッド・バーグマン敬意を表すの短片は、イングリッド・バーグマンの甥Alessandro Rossellini監督。この映画はChopardショパンとルース基金会にLuce-Cinecitt共同Istitutを賛助し、今回の映画祭で上映ベニス。
今回のゲストは出席ディナーヒラリー・ローダ(Hilary Rhoda)、そしてフランススタージュリア・ビノシュ(Juliette Binoche)、イングリッド・バーグマンの孫娘のスーパーモデル勒ッター・ラ愛魏德曼(Elettra Wiedemann)、男模ジョン・試験塔加瑞それ(Jon Kortajarena)や、ルース基金会会長のロバート托奇库托(Roberto Cicutto)。
フランス女優ジュリア・ビノシュ(Juliette Binoche)から装着はChopardショパン高級高級ジュエリーシリーズの18 kプラチナ象眼33.53カラット水滴の形ダイヤモンドピアス2本の18 kプラチナ象眼22.71カラットダイヤモンドブレスレットと一枚の18 kプラチナ象眼10.15八角台形カットのエメラルドとやダイヤモンドの指輪