フィエスタ、ジュネーブで初めてタグ・ホイヤーのオークションを開催

2017年11月11日、ファインアーツとバックス&ルッソのオークションハウスは、ジュネーブで最初のタグホイヤーテーマオークションを開催します。 このオークションでは、1962年から1982年にかけて「ジャック・ホイヤー時代」に製造された、高品質で保存性が高く収集性の高い49個のタグ・ホイヤークロノグラフが提供されます。

これらの世界クラスのロットは、有名なコレクター、作家、権威あるアンティーク時計愛好家のリチャード・クロスウェイトとポール・ギャビンによって提供されました。 この2つのコレクションには、専門的な深い知識と細心の注意が払われており、コレクションには極めて希少なタグ・ホイヤーのアンティーク時計が含まれています。 リチャード・クロスウェイトとポール・ギャビンは、タグ・ホイヤーのアンティーク時計に情熱を傾けており、ホイヤー・モナコ、デザイン・クラシック、ホイヤー・アウタビア・クロノグラフ1962-85を出版しています。 これらの2冊の本は、タグ・ホイヤーのロゴシリーズのモナコとアウタビアの決定的なリファレンスと広く見なされています。 2017年の春には、2人はカレラシリーズ専用の3冊目の本も出版します。 これらの本は、多くの時計がこのテーマのオークションに登場することに言及しています。