GPHG賞を3度受賞した「LAURENT FERRIER(ローラン・フェリエ)」日本取扱いを2019年より開始

スイス・ジュネーブにアトリエを構える「ローラン・フェリエ」はCREATIVELY CLASSIC(往年の機械式時計からインスピレーションを得て、現代の最新技術でマスターピースを制作)を実践する高級時計メゾン。 その一切の妥協のないクオリティーで高品質少ロットのマスターピースを制作し、世界中の機械式腕時計ファンから高い人気を獲得しています。

  2019年1月1日より、DKSH ジャパン株式会社(本社:東京都港区)が、「LAURENT FERRIER」(以下、ローラン・フェリエという)と総代理店契約を締結し、同社製品の日本での取扱いを開始します。
  ローラン・フェリエ氏は1946 年スイス・ジュネーブ生まれ。ジュネーブの時計学校を1968年に卒業後、ロレックススーパーコピー高級時計ブランドのパテック フィリップでムーブメントの設計などに携わりました。2008年、37年間勤めた同社を退社後、自らの名前を冠した時計ブランド「ローラン・フェリエ」を創設。初のコレクションを2010年のバーゼルワールドで発表すると同時に世界中の時計ファンや時計業界から注目を集めました。