時計の知識:機械表の保養究極攻略

自動機械の時計は電池を含んでいないが、簡単で容易に保養する必要がある。これは、機械表の寿命を延長して、良い機軸を保つことができます。
機械表の保養は以下の点に注意しなければなりません:
(1)機械の時計をつける時、手の汗は表殻に腐食性があって、全鋼の表殻はニッケルクロム合金で、抗腐食性能がよくて、半鋼の表殻は銅ので、長い間汗と接触して、腐食しやすくて、いつも柔らかい布で汗をぬったりプラスチックの時計を敷きます。
機械表
(2)表の後ろカバーを自由に開いてはならない。
(3)クランのタンスの中に機械を置くことはない。
(4)机器を机能や音音、テレビに入れてはならない。
(5)長期にわたって保管していない機械表を、毎月定期的に1回発布し、自動的な機軸の機械表は、軽く何分か、あるいは手首の時間にかけて自動的に発条させる。部品を長期的に静止状態にしないように、時計機の運転性能を保証する。
(6)普通の機械の時計は湿っているので、綿を機械の時計に入れて、40ワットの電球を使って5分焼くと、表裏の湿気は全部蒸発してしまう。石英電子時計が湿っている場合は、いくつかの小さい塊の塩化カルシウム、ガーゼで包んで、それから電子時計の蓋を開けて、包装した塩化カルシウムと電子時計を一緒に入れないビニール袋やガラス瓶の中に入れて、密封します。一般的に3時間程度で潮を除いて、電子時計を正常に回復させることができます。湿気の強い時計には、湿気を延長することができます。
(7)大切な機械の時計を受け取って、外の包装を取り壊した時に、必ず防護機械表の包装箱を保存しなければならない。これらの保護機械表の包装箱は、通常の着用時に機械表の最も安全な保護を与えることができ、機械表が壊れたり、衝突されたりすることを避けるため、パッケージを保留することは絶対に必要である。そして、平日に機械表を着用しないときに、習慣をつけて箱の中に入れることを提案する。
(8)普段は同じ機械表を毎日かぶってはいけません。いくつかの異なる機械表を用意して使い、個人的な造形を豊かにするほか、ほこりや体垢の全集の中で同じ機械表にあります。皮の表帯については、必要に注意しなければならない。
(9)機械の時計を手首にかぶると、時計が夜光表であれば、体に不利な影響を与える。これは、夜光表の針やダイヤルに塗られた発光材料で、主にラジウムと硫化亜鉛の混合物で、ラジウム放出の放射線が硫化亜鉛晶体を発光させることができ、寝るときには、人体は8~9時間のラジウム放射を受けることができ、人体に危険がある。だから、寝る前に、夜の光を取り出してテーブルの上に入れたほうがいいです。
(10)表は新しい。機械表の表は多くの道紋が出てきた後に、表の蒙の上で先に1つの水を垂らすことができて、更に1点の歯磨き粉を押しつけて塗ります。