大聖堂からの明るさ——宇治船2015表の授業現場報道

2015年4月22日「大聖堂からの明るさ」2015表教室は北京中国油絵院で行われた。宇汽船表研究開発部ディレクターマティアス・布:現地メディアと分かちた王者至尊大聖堂3問陀はずみ車轮クロノメーターと柱の復雑なタブプロセス及びそれを私たちに与えた美しい響き。愛表族と大衆メディア共同バスでは北京市朝陽区ガオベイディエン文化芸術新町の中国の石油院を開いて、1度の非凡な聴覚の宴。
この王者至尊大聖堂3問陀はずみ車轮クロノメーターと柱時計を採用した三つの主な高複雑タブ技術、ダイヤルサイド丸見え。腕時計は革新素材、炭素繊維材料を採用しており、この腕時計のムーブメントにも炭素繊維が採用されています。
王者至尊大聖堂3問陀はずみ車轮クロノメーターと柱時計の3問装置を巧みに溶け込んでケース中部、タイムコントロールボタンに見掛け以内。3問装置は8時と10時のレバー装置によって制御され、音の時報、刻、分。時計を二本の音バネ、1本1本使用時報、用いてスコアを宣告し、しかも長さよりも一般腕時計の長は、普通の音バネの2倍。