バーゼル展、ドイツのテーブルも物事をしています

スイスで開催されるバーゼルの時計展示会はスイス時計の特別なイベントではなく、展示会での日本とドイツの時計のパフォーマンスは非常に良いものです。 先ほど、セイコーに代表される新しい日本の時計を紹介しましたが、今度は展示会でドイツの有名ブランドが引き継いだ作品を見てみましょう。

ノモスのスポーツウォッチを見ることはめったにありません。 私の記憶では、このクラブスポーツは、ノモスの軽くてエレガントな選手の中で最もスポーティーな外れ値の1つです。

それはスポーツウォッチなので、対応するスポーツがあるはずです。 そして、この時計が対応するムーブメントは、誰も推測してはならない、つまりダイビングです。 直径42mm、耐水性300m、スチール製ケース、すべてが標準的なダイビングウォッチ構成のようですが、逆説的には、ダイビングベゼルはありません。 ただし、別の角度から考えてみると、実際にダイビングウォッチを着用してダイビングを行うことはできません(すべてダイビングコンピューターを使用します)。そのため、ダイビングベゼルは必要ありません。 ノモスは今回、勇敢に挑戦すべきだった。