北京の高級品はスイスの時計団が3日込んで9億を成約した

2013年6月22日、3日目の第2回北京国際トップライフブランド(ぜいたく品)博覧会が中国国際展覧センターで開幕した。
周知のように、エマース、シャネル、プラダ、グッチ、范思哲学などの国際的なブランドの市場宣伝と普及がすでに成熟しているため、彼らは外部からの展示活動に参加する必要はありません。大物たちが展示や市場活動をしているとしても、ブランド側が自ら刀を使っていても、例えば愛馬仕の工芸展、シャネルの小黒スカート展示など。
「今回は国際的なブランドの代理店が入ってきました。彼らの目的は、ディーラーを広げることです。」一般的に、代理店とブランドの性質は異なっていて、ブランドの方が展示に参加したら、彼らはブランドイメージの宣伝と市場の普及を見込んでいる。しかし代理店は異なっていて、彼らは顧客の資源を蓄積する必要があり、販売を主な目的としています。今回の展示会は、ゴルフ会、馬術クラブなどのハイエンドのメンバーを招待し、彼らは贅沢品の忠実で安定したお客様である。今回の展示会のプロジェクトマネージャーは、不動産周報記者に語った。
今回の展示会が終わると、現場の意向が約9.2億元にのぼるという。