月相表の原理

月相の機能は常に1つの特殊な形の半円の窓の内に置かれて、この特定の形は1つの半円弧と2つの小さいアークを含んでいます。この丹念なデザインの形は、月相の月と合わせて、月が1つの周期の始まりや終了時の形を正確に教えてくれる。
月相表の原理
部品と運営の原理
月相は29.5日の周期によって月相盤の月の状態を表示する。この月相の上には2つの月があって、縁は59の歯があって、月相は伝動輪を受けた後に、毎日前に向かって一歯を進めています。この時、月相の損益の変化はすぐに表盤の上に現れることができます。59歯の月相は月相の損益の29.5日ごとに1周期の平均値で、月の正確な回転の周期は28日の12時間44分2.9秒で、そのため約33ヶ月ごとに、月相の表示の誤差は24時間に達することができます。表殻には通常月相の調整ボタンがあり、月相表示とカウントダウンなどの機能は相対的に独立している。