オーデマピゲAudemars Piguetロイヤルオークシリーズの腕時計

オーデマピゲ表はスイス少数は依然として自分で作っムーブメントの時計工場の一つで、実は、遡る一百二十多前、オーデマピゲ表は生産を始めて復雑な時計装置、世の中では初めてタリウムはずみ車装置から、腕時計の上の袋の表は、オーデマピゲ表にその中の一つの傑作。
オーデマピゲのロイヤルオークシリーズは1972年出版されるときに、反高級時計だけで貴金属制作のやり方は、精鋼材質を制造して世界の第1枚の高級運動腕時計を、八角形のケースは、ネジが露出し、時計の鎖とケース一体成型などの革新的なデザインを覆し、高級タブ業の通常の影響を与えた世界中の時計の設計スタイル。
その後、ロイヤルオークシリーズが完全の多様化を備え、経典の基本的な機能を表まで表まで複雑な機能。材質を選択して使用するほか、プラチナ、ゴールド、プラチナ、バラの金、精鋼や镶钻を中心とした素材に加えて、甚だしきに至っては採用宇宙の領域の希少金属タンタル、チタン合金、宇宙超合金alacrite 602、そして独占初めて鍛造炭素材質を起こし、高級タブ業運用革新ハイテク素材のブーム。