時計委員会の第5セッションの第3セッションが蘇州で盛大に開催されました

2018年の時計および時計の標準化委員会の第5回セッションの第3回会議は、11月22日から25日に蘇州で開催され、時計および時計の基準委員会の事務局によって開催されました。オブザーバー、オブザーバー、製図ユニットの代表者、71ユニットのゲストを含む合計92人のメンバーが会議に参加しました。中国軽工業連盟の総事業部の張建、中国時計協会の張洪光会長、中国企業経営管理協会の時計と事業管理委員会のファン・ピン事務局長が開会式に出席し、スピーチを行いました。

オープニングセレモニーは、時計基準委員会副委員長のチャン・ファンが司会を務め、2018年に時計基準委員会のジン・インシュ事務局長が事務局の作業の要約を作成しました。 2018年には、Zhang Hongguang議長の指導の下、優れたリーダーの世話とサポートにより、事務局の努力とすべてのメンバーの積極的な参加と協力により、国内外の標準化作業は満足のいく結果を達成しました。実績、年間の標準化タスクを正常に完了しました。

会議中、参加者は、標準レビューアの組織の下で、国内標準および6つの業界標準の提出文書を慎重にレビューし、合計7つの標準開発および改訂計画を検討しました。会議の閉会式では、すべての代表者がさまざまな基準と会議の議事録のレビュー結論を採択しました。事務局は、2019年標準および標準委員会の作業計画と作業優先度について報告した。会議はまた、2019年に宣言される時計の国家標準および業界標準を改訂する計画をレビューおよび承認しました。