サファイア着色技術の革新、サファイアのカラフルな色の作成

人工的に合成されたカラーサファイアテクノロジーは1902年に誕生しましたが、結晶化プロセスは非常に不安定であるため、同時に生産されたとしても類似の色のサファイアを得るのは困難です。

サファイア切断の分野でのブレークスルーの後、ウブロはサファイアの着色技術に挑戦しました。サファイア結晶の製錬は複雑で予測不可能なプロセスです。それだけでなく、Big Bangサファイアケースの製造中に、材料に気泡や亀裂が現れやすくなります。しかし、最大の課題はサファイアのサイズであり、過去には世界で2kg以上の色のサファイアを製造したことはありませんでした。エンジニアリングおよび化学的限界の絶え間ない進歩と、非常に複雑でコストのかかる新しいプロセスの作成により、ウブロは大型で透明で均一な色のサファイア結晶の開発に成功しました。ウブロは、原料の酸化アルミニウム(Al2O3)を鉄(Fe)とチタン(Ti)で2000〜2050℃に温め、その後、超耐摩耗性を含むサファイア材料の元の特性をすべて保持しながら、色付きのサファイアに結晶化します。高い硬度と完全に透明な透過性。この技術により、サファイア素材のカラフルな色が作成され、Big Bangシリーズのユニークな青色透明サファイアケースが作成されました。