意匠工芸が殿堂級腕時計新作、G – SHOCK鎚起シリーズ再現芸術の魅力

鎚起技術は日本の1種の古い文化伝承で手工芸、初期の主な応用制作薄で強固な美しい銅器に、毎一ハンマー、すべてては手芸人々との間の場について銅器芸術の会話で、一つ一つの器具は世界で独一無二の存在。カシオG – SHOCKは、代々伝わってきた伝統技と現在の科学技術との結び目に着目し、腕時計のデザインに手掛けて、殿堂入りの精製腕時計「ハンマー」シリーズを創造した。2017年いち月いち日、第2世代の「鎚起」MRG-G1000HG表項を数量限定で発売。
鎚起が唯一無二は、人々から長年に磨き手芸の制作技術は、精細の打創造銅器表面独特の模様は、力と美しいの完璧な組み合わせは、絢爛非常。G – SHOCK「鎚起」シリーズも、腕時計で1枚目は芸術の続きを呈すをG – SHOCKハイエンド腕時計一種の我に返る華やかな内包。
「鎚起」シリーズは淺野美芳さんが自ら純手工制を育んで心と汗が生まれる。淺野美芳さんは日本の第三世代鎚起工芸大家、京都市ゲストハウス内のハング式線香塔と大阪市中央公会堂屋根の金属神仏像は、淺野さんが知られる代表作品、本人が「日本の国宝級職人」の美名。