小型スイスの時計メーカーは中国内陸市場に関心を持ち始めている

ES:世界雑誌
AP:Amarildo Pilo
ES – SWISS PAVILION中国市場での扉を開くかどうか?
Amarildo Pilo:私たちの考えは提供が独立タブブランド交流相互補完製品のプラットフォーム。私たちのパビリオンはスイス小さな村の1個の縮図、すべてのブランドはすべて本当スイス本土からの時計メーカー、SWISS PAVILIONの由来はBaselWorldバーゼル世界時計宝飾展にご号パビリオンの中の「ブランド。
ES:深圳と香港とは対照的に、それぞれ何が優位?
AP:香港にスイス小型独立ブランドにとって最も重要なのはは十分受け入れ空間を備え、代理店や出展商都それぞれ自分に分かって欲しいもの。深セン、参加者は直接中国内地市場の流通ネットワークに直面することができます。そして参加する展示会活動全体のコストは非常に安いので、参加SWISS PAVILIONのすべてのコストは6800スイスフラン($ 44000人民元)を含め、航空券、ホテル、ブースや運営費用。
ES:だから、ここに来て出展の出展者が必要かどうか中国代理?
AP通信はもちろん!ショーには全部で二つの基本的な問題:中国市場の販売ネットワークを用意して小型スイスを受け入れるかどうか独立ブランド、および中国とのブランドとの間には十分なスペースが、価格面で、両者は同じレベル。
ES -深セン市に位置する中国大陸、多くの人は共通語を言うと広東語、英語の使用は決して多くない……
AP通信は、商都は、自分の解釈、接触は非常に容易なことです。私はこの市場で今ではすでに仕事を身につけましたななしち年、いくつかの拠点として、これはなぜ、今私に与える他の小型時計ブランドを支持する。
ES:あなた自身の小売店を提供する可能性がありますか?
AP:というのは、中国では、Piloは自分のブランドイメージの店。一方、小ブランドの切実な需要は相互扶助、今日の受賞者は腕時計グループです。しかしブランドの間にまだ相互独立を保って、小さいブランドは相互の勉強、参考にし合い、組み合わせ。今SWISS PAVILIONはすでに一定の交渉能力の1種の群体。
ES:どのブランドが2013年に1回の展覧会に参加することができます
AP通信は今年の2倍に多い!しかし問題は、独立タブのマスター人物たちは直接中国で発売します勇気がなくて自分の作品を。彼らは舞台裏の作業員だけで、また公衆に接触されていない。ここで、彼らは突然発見に必要といくつかのお客様にむかって行って交流して、彼らはこのビジネスモデルが大胆すぎた。