どのように选_メンズ腕時計時計を中心に見て何購入方法Xiangjie

まず腕時計をいくら使ってもいいですか。
経済の基礎の上部構造を決定して、ないように积家を1枚買う(会場じゅうが折れ、最低38000円)正月、毎月お金を返してやって花唄、一体いくら钱买一ブロックにふさわしいか、有名な時計評論家の朱磊氏との原則は、2ヶ月の月給は時計を買って最適な。
どんなデザインの腕時計が必要ですか。
もしあなたは入手第一の腕時計、時には自分の職業は、生活需要などの選択、日常装着の腕時計は機能が実用的で、装着快適で、造型経典百搭などの特徴、
結局、年をかけて、いつも生活の中で着用しなければなりません。
どんなブランドの腕時計があなたに似合います
この世界はとてもブランド多すぎる誘惑が多すぎて、もし思い切って時計を買う、なければ時計を買う前に確定で、あなたの必要なブランド、要らないで、何を買いましたオメガ(会場じゅうが折れ、最低17700元)の二日目とあら、そう好きブライトリング(満場じゅうが折れ、最低24600元)あ、後悔そして夜も眠れない。
どんな素材の腕時計が必要ですか
知っていて、腕時計の材質に細分化してきたが、10数種類の、分かれて2種類に分けて、貴金属とその他の金属、貴金属というのは主に金銀材質、この時計の普遍的な高級で、その他の金属の中で最も主流は鋼、低コストで、耐腐食性が強い時計メーカーの中では主流の材質、そしてますます繁盛の陶磁器はこの2年間、この材質は重量が軽い硬度はステンレスの十倍、耐熱、決して摩耗と、総合性能最高素材。
どんな形の腕時計に適していますか
腕時計の主流の形はほとんどの3つ、経典の円形、優雅な四角形、復古の樽型のうち、円形は最も百搭確実な形、どんなタイプの人をも適当で、それも比較的に大衆を意味して、もしあなたは自分の個性を求める人慮後者を試験することができ、四角形は必要な気質に制御の形状は、この形が似合う腕はそんなに大きくの中国人に装着、さらに東方人の奥深さや優雅が美、最後は樽型、この形の表も非常に復古、珍しく、スタイルでエレガントな表に近いと、個性を追求する人を身につける。