ロジャードゥ・ドゥ・ドッカの経典時計行列品展が栄光を誇りに

北京の新光天地の近くにあるリスカルトホテルの2階には、スイスのトップ製表ブランドのロジャードゥが、「非凡な機械、ドッツクの経典」を巡回し、上海などで同時に幕を開けた。今回の展覧会は、“非凡な機械”を主旨として、非凡な技術、非凡な工芸と非凡な設計の3つのテーマを通じて、ロジャードゥの創作哲学を全面的に解析した。この“非凡な機械”の旅は、安定した宇宙の黒作を中心として、流れる金色の光でテーマエリアを切り分け、ロジャードゥの独特の品格を描く。全体の会場配置は、形式、構造、さらに内包に関わらず、すべての1寸の高級な製表の詳細を明らかにして、ブランドの独立の精神と前衛の優雅な美学の追求を深く感じさせる。次に「腕時計時代」の足取りに一緒に行って、ロジャードゥがどのように「彫刻時間」をやってきたのか見てください。