パリーニが発表した、新たなTORIC CHRONOM腕時計。

2017年には、パルテニがミシェル・パルミギニアにデザインされた最初の腕時計作品を現代的に演出した全く新しいToricChronomètre腕時計を発売しました。2018年の幕が迫っている時に、ブルガリコピーブランドは再びこの標識的な時計の美しさを解釈し、松の実の表面のような螺旋模様の腕時計を発表しました。
「この模様はとても魅力的です。この模様の内部にはフィボナッチのらせん曲線が見られ、自然界にはどこにでもある調和が再現されています。ミシェル・パルトニーはこのように新商品のToricChronomètreの腕時計の文字盤の手作業機の刻み模様を述べています。その同心円模様は、松の実のうろこのレイアウトを思わせる。これは自然界の無数の「黄金比」の実証の一つである。
手作業機の紋様は手作業によって完成された工芸です。このような精密な工芸は少数のタブメーカーだけが掌握しています。つまり、材質に重複した装飾パターンが刻まれています。12時と6時の位置において、楕円形のパルメテニブランドの標識とCOC(Swiss Chronometer Testing Institute、つまりスイスの公式天文台の検査機関)に使われている「Chronomètre」(つまり精密天文表)の文字が文字盤の装飾パターンから抜きん出てきます。