ロレックスニュース! グリーンタグが消える?!

最近では正規店でも回収が義務付けられたグリーンタグですが、あげないと言われると欲しくなるのもまた人情です(笑)実際もらったところでちょっとした満足感でしかないのですが、並行ショップ等は完品という表現をしたいがためにグリーンタグ付きを欲しがるのかもしれません。実際にどうかは知りませんが査定も少し上がるかもしれませんし(笑)

先日正規店を覗いてみると、店員さんがグリーンタグを外してプライスキューブでの価格表示にする作業をされていました。話を聞いてみると”指示”があったそうです。どこからの指示なのかは教えてもらえませんでした。ちなみにプライスキューブは下の画像のようなものです。プライスブロックとも呼ばれるようです。

思いつく理由は2つあります。1つはパチモノにタグ等を付けていかにも本物っぽく見せている業者への対策。いわゆる贋作対策。

もう1つは、グリーンタグを欲しがる購入者が半ば脅しに近い形(具体的な手法は書けません)でタグを持っていく事案が発生していますので、この事案に対する対策。いわゆる転売対策。

どちらの理由かわかりませんし、そもそも全然違う理由かもしれません。ただ単にその百貨店が勝手に見栄えを良くしようとやっているのかもしれませんし(笑)

理由はなんにせよ、陳列時にグリーンタグがないとするともう手に入れる事ができるのはほんの一部の方だけになるかもしれませんね。