なぜ男は機械が偏愛する、女は水晶を選んだ

時計が生まれてきた長い道のりを、絶対の時計工具日本装飾、味わう、地位、個性など人間本位のコア値を、その最も重要な2大枝:機械時計とクォーツも根性が倒れない人間になる、時計工業の文明の最もわざと義の代表作の一つ。しかし、おかしな現象がゆっくりと浮かんだ:
男の趣味は機械の時計を指して、女は水晶時計を選んだ。これは偶然ではない、多くの必然的な要因に満ちている……
要らないものよ、この性性(感じなくほどほど黒つけました)、男の強さ、陽気で、勇敢では生来の天性で、心の奥にあるような、金属の機械ムーブメントを体現する私たちの憧れ钢筋铁骨体。機械の時計をかけて、私達はすべて1歩1歩進んでいることを感じさせて、機械の時計をかけてすべて確固たるのです。私たち、機械の芸当は男が生まれつきあこがれているように、私たち、機械の芸当はまるで男です
よく一人である性、実際にはそれを味わって、金と権力によって、味は独力での。品のある男は、異性を引きつけ、同性の鑑賞と賛美を得ることができる。機械を持つクオーツの復雑表を超えて技術、時の正確な表現を求めるの信念を置いて、それは無限のパワーもできる時から、人と表の直接の交流とは、人の一回の腕に触れて時間