全仏オープン期間中に「コンクェスト クラシック」を発表

さらにロンジンは、全仏オープン2013の期間中に、ロンジン「コンクェスト クラシック」を発表。1954年以来、長年にわたりロンジンの数々の名声を博するモデルを生み出してきた「コンクェスト」に、あらたに「コンクェスト クラシック」が加わった。

ケース径41mmのケースにはETA社がロンジンのために特別に開発したコラムホイールムーブメントL688を搭載。ケースはステンレススティールのほかにステンレススティールとローズゴールドの組み合わせ、そしてローズゴールド製の3種類が用意されたほか、文字盤はシルバーとブラックの2種類が展開されている。