中国は贅沢品の第二大消費国になります。

世界的なぜいたく品が“厳冬”に見舞われ、ぜいたく品大手たちは戦略的な目を中国に向けた。
有名なジュエリー会社ティファニーは昨日、第3四半期の財務報告書を発表しました。
1937年に創建されたティファニーは、「ダイヤモンドの王」と世界で最も高価な銀製品として知られ、その顧客の中には各国の富豪やスターだけでなく、ヨーロッパの王室貴族もいます。
しかし、ティファニーの最新四半期報によると、世界の販売量は1%減少し、アメリカの販売量は7%減少し、アジア太平洋地域だけで3%増加した。第3四半期の利益は57%減少した。
このデータはウォールストリートの予想より高いですが、消費者の需要が低下しているため、会社は人員削減を計画しており、財務支出を調整して、資源をより効率的に利用することができます。
アメリカのメディアによると、金融津波の影響で世界的な高級品市場が低迷していることから、過去11カ月間、日本と北米のぜいたく品消費額が35%激減し、大手ブランドが相次いで値下げし、世界的なジュエリーメーカーのブルガリは新店の開店数を減らすことを検討しているという。
ぜいたく品市場は世界的に縮小されているが、中国市場は22%の堅調な成長を維持し、ぜいたく品大手は続々と戦略を中国に投入している。