モンブラン銀座本店の7周年を記念した特別モデルが登場

「ニコラ・リューセック クロノグラフ ギンザ エディション」は、伝説の時計師ニコラ・リューセックがおよそ190年前にはじめて特許を取得したクロノグラフに敬意をあらわして制作されたモデル。クロノグラフを2枚の回転ディスクと固定されたハンドで計時するユニークな機構をもつ記念碑的モデルをベースに、モンブラン銀座本店7周年へのオマージュをディティールに刻みこんだ、日本だけで発売される完全限定生産ピースだ。

今年で7周年を迎えるモンブラン銀座本店年を7周祝うキーワードは、ずばり“7”。生産数はわずか77本。通常モデルでは、3・9・12のみのインデックスだが、このモデルは特別に7も表記される。その7の文字はサファイアクリスタルのケースガラスにセットされ、立体的にくっきりと浮かび上がるのが特徴だ。裏蓋に目を移すと、そこには限定品の証であるシリアルナンバーが刻印され、サファイアクリスタルに大きく描かれた「7」の数字を越しして、通してムーブメントの動きを鑑賞することができる。

独創性に富んだ時計職人であり、世界ではじめて「クロノグラフ」を特許登録した時計技師ニコラ・リューセックのコンセプトを尊重しつつ、まったくあたらしいデザインで甦らせた「ニコラ・リューセック クロノグラフ ギンザ エディション」。まさにアニバーサリーを祝うのにふさわしい特別モデルと言えるだろう。