「真珠の学校」第3弾「働く女性のためのパールジュエリーコーディネイト」講座

世界ではじめて創業者の御木本幸吉が真珠を発明し、その技術と繊細なる美意識で美しいパールジュエリーを生み出してきたミキモト。第3回となる「真珠の学校」では、大人の視点を生かしたスタイリングが人気のジュエリーディレクター 伊藤美佐季さんを講師に迎えて、講座「働く女性のためのパールジュエリーコーディネイト」が開催される。

 ミキモトは真珠発明120周年を機に、東京やロンドン、パリ、ニューヨーク、上海の世界5都市の女性を対象に「真珠に関する意識調査」を実施。東京の女性は海外の女性に比べ、パールジュエリーの着用場面が冠婚葬祭などに限定されていたとの結果が。そんな状況のなか、もっと日本女性にパールジュエリーを身近に楽しんでもらい、一層輝いてもらおうと、この講座は企画された。

当日は、働く女性を対象にパールジュエリーを日常の装いに効果的に取り入れ、個性を生かしたり、好印象を与えるスタイルを、伊藤さんがモデルを使って実践的に解説。さらにミキモトスタッフによる真珠の選び方やお手入れの仕方など、真珠の基礎知識も学べるという。