パテックフィリップ1989年から2014年記念モデル時計展示

パテックフィリップ175週年の一連の行事数多い表ファンが、とりわけ熱烈な反響。今回の祭典の祝賀活動にご月いち日開幕し、パテックフィリップファミリーを守護する一大イベントで、一般にも参加し、公式サイトwww.patek.com。その後、パテックフィリップのスポンサージュネーヴ節(F e tes de Genèて花火の演出の壮麗な上演。これで、この家ジュネーヴ僅かな家族タブ会社示しそれとこの都市は脈々と受け継がれてきたとの緊密な連携。その直後、パテックフィリップはにじゅう月じゅうさん日からにじゅう日、パテックフィリップタブ工房で行われた見事なイベント、全体175週年記念式典が盛り上げて。3、600名は世界各地の記者、小売業、腕時計コレクターと愛好者に集まって。
次の項の祝賀活動が続いて長い時間:2014年じゅういち月じゅうご日から2015年よんしよ月じゅういち日、約5ヶ月。ずっと時計を添えたフィリップ社長テリー・斯登さんと彼の父親菲力・斯登さん、ジュネーヴPlainpalais区のフィリップ博物館で記念モデル時計テーマ展。パテックフィリップに従業員、ジュネーヴ市民とすべての高級時計の芸術愛好家にとっては、せっかくの機会は、みんなが思いきり鑑賞これらが夢の珍しい記念モデルの時計の美しさと完璧に震撼。