TISSOT|時計の真髄を堪能できる両面フルスケルトンモデル誕生

今年、ブランド誕生160周年を迎えるティソは、精緻を極めた時計づくりの高い技術力を存分に発揮した「TISSOT T-Complications Squelette(ティソ T-コンプリカシオン スケレッテ)」を発表。その名の通り両面フルスケルトン仕様で、ムーブメントが繰り広げる複雑な動きを目で楽しむことができる。

Text by KUROMIYA Yuzu
時のうつろいを視覚で楽しむ
「ティソ T-コンプリカシオン スケレッテ」は、車輪のデザインにインスパイアされた、モダニティとクラフトマンシップが融合したモデル。両面フルスケルトンのサファイアクリスタルガラスから、車輪を支える5本のスポークが伸び、ケースサイドを直角にすることで伝統的な装飾様式にモダンさを宿した。大胆なスケルトンデザインは、ティソの妥協のないウオッチメイキング技術が存分に楽しめる仕上がり。

43mmのフェイスのなかで、大ぶりのブルースクリューと美しい脱進機、ゴールドでロゴの刻まれたセカンドカウンター、ルビーとブルーハンドがダイナミックに絡み合い、時計の真髄であるムーブメントがひとときのぶれもなく時を刻む姿に思わず魅了されてしまう。

また、クロコダイルの型押しをほどこしたブラックレザーストラップを採用することで、エレガンスウオッチとしての風格も漂わせる。