カシオ、電波時計を細分化した中国市場

先週、カシオは初めて中国市場に高級電波時計「OCEANANAUS」シリーズを発売しました。これに対して、カシオ中国区の深瀬治最高経営責任者とのインタビューを行いました。
カシオはもともと中国でとても知名度がありましたが、ここ数年は思ったより早く発展していないようです。なぜこのような状況になったのですか?
深瀬治氏:カシオは中国市場に進出したのが早く、1980年代の「鉄腕アトム」は中国の消費者に知られてからパネライコピー関連製品の分野も広く、中国はカシオの最も重要な生産基地の一つとしての戦略配置はずっと変わっていません。広告に関しては、全体の投入量は確かに減っています。しかし、市場の細分化に伴い、異なる位置づけのブランドが続々と出現し、多ブランドのウィンウィンのパターンを形成しました。2006年のカシオ中国市場の成長率は40%を超えました。したがって、市場が大きくなったとしか言いようがないです。もっと細分化されました。時間は再びカシオの革新を追求する価値観を証明します。会社では、同僚一人がこう言います。自分を超えて。
腕時計はカシオにどれぐらいの利益をもたらしましたか?
深瀬治氏:腕時計事業の中国での売り上げは、世界全体の20%を占めています。2007年度の電波時計の売り上げは260万個で、腕時計全体の売り上げの50%を占める計画です。また、2007年のカシオグループ全体の販売目標は6500億円。
中国の腕時計市場の消費潜在力は大きいですが、競争相手も多いです。カシオの腕時計は中国市場に長年進出しましたが、今は消費者を感動させ、電波時計を買うように説得します。主な販売戦略は何ですか?
深瀬治氏:中国市場に進出した第一弾の段階で、カシオ電波時計の主な販売先はカシオの腕時計のお得意様の中のビジネスマンです。カシオの腕時計は1996年から中国に入ってきました。これらの忠実な取引先はカシオの腕時計が大好きです。11年後の今、彼らは中年のビジネス管理人になりました。私達の腕時計を使い続けます。流通ルートから見ると、現在は上場の第一弾であり、電波時計はハイエンド製品であり、既存の専門店の中で一番いい店舗に置いて販売していますが、その後の段階では、高級、専門の店舗に加えて投入されます。新しい専門店の開拓はずっとやっています。