緑色のオリンピックの西鉄城を迎えて環境保護活動を始めます。

あと二日間(7月13日)は北京オリンピック招致成功6周年記念日です。オリンピック招致成功記念日の到来を前に、緑色のオリンピックを迎えるために、シチズン時計有限公司は「健康に向かい、環境にやさしい」というシチズン光運動を起こしました。交通機関の代わりに毎日30分で歩くように呼びかけています。
今回の公益活動には多くの環境保護ボランティアが積極的に参加し、メディアの注目を浴びています。中央テレビ、北京電視台、観光テレビはいずれも報道しています。今回の健康環境保護公益活動は西鉄城の光運動エネルギー「親和環境、親和人間」の環境保護理念を広めただけでなく、グリーン五輪を迎え、緑の家を建設し、健康、環境保護、簡便で歩きやすい方法を提供してくれました。
社会的責任感に富み、環境に優しい伝統を持つ企業公民として、西鉄城はずっと「地球環境を大切にし、環境保護の方針に従って各種活動を展開する」という企業憲章を守り続けています。環境保護のために黙々と力を尽くして、二十年間をかけて、1995年に環境保護の光エネルギー腕時計を開発しました。。卓越した製品を絶えず研究開発すると同時に、西鉄城はより大きな情熱と精力を環境保護事業に注ぎ込み、環境保護理念を公衆にもたらすことに力を尽くしています。
西鉄城(中国)時計有限公司の住川竜夫社長は「今回の『健康に向かって、環境にやさしい』公益活動を通じて、車の使用率を減らすために、できる限り歩いて交通手段に代わることを呼びかけたい。自動車の排気ガスが都市にもたらす汚染を低減し、渋滞による交通圧力を緩和してくれる。きれいで美しい緑の家。健康生活の理念を、命を愛する人たちに伝えたい」と話しています。