腕時計の針の緩みはどうやって正確に調整しますか?

腕時計の知識:どのように正確に腕時計の針の緩みを調整しますか?今は機械の時計や石英の時計を使う人が多いですが、石英の時計も機械の時計も、針をはじく機構と針を持つ機構があります。しかし、多くの時計を身につけている人は腕時計の針の緩みをどのように調節しますか?針を編むのは時間や日付を調整します。腕時計が運行する時も針を動かして正確な指示時間を与えなければなりません。
有名な時計のブランドの中の針と針の機関を動かして、主に1つの歯車があるので、通常は分輪あるいは“小さい中心”の車輪と称されて、具体的に腕時計の心がまっすぐな中心が伝動するのかそれとも偏った中心の伝動するのかを見ます。この歯車は中心の車輪軸にセットされています。中心の軸には一辺の梢の傾斜角度がありますが、小中心の輪管にはそれぞれの位置の両側に溝があります。センターシフトの腕時計の心臓部は、ホイールプレートのホイール幅とホイールハーネスの弾力性の組み合わせです。
この部分に合わせた緩みが、ピンを回す時の緩み感を決めています。この位置では最も磨耗しやすいです。特に機械の腕時計は、常に針を動かしたり、カレンダーを校正したりして、針を頻繁に動かしていると、分輪の摩耗がひどくなります。
針を非常に緩めると、腕時計の「針を持たない」という故障が起こりかねません。腕時計の「針を持たない」というのは、腕時計の秒針が歩く時と、分針が動かない時と、歩く時がない時と、つまり「回転を失う」ということです。
だから、腕時計の普通の針の緩みは大丈夫です。針を動かす時には力がないと感じられません。実際には、適度に締めたほうがいいです。このところは摩耗が大きいので、針を回す時でも、秒針が止まったり、短時間の後退があったりしても、正常です。