都会のタイムで上海「調子」――淮海路の専売店が秋開業

上海人の私のルートには淮海路がある。「地方の兜南京路、上海地元人ぶらぶら淮海路」、「これだけでは、淮海路で、この町は長年瀋殿のこだわり、ロマンチックで、バタくさい、さらに「調子」。時代も交代、ここで、どんな新しい店舗でもあるように、ルールに従ったように、この街の独特な気質係、シチズン淮海路店もそう。
各地の装飾と違ってマンネリや調度、シチズンこの家淮海中路上の新店がある「調子」。外観はブルーグレー粘板岩文化石の壁で、「CITIZEN ECO-DRIVE」の丸い侧の壁の看板、まるで家でおなじみの喫茶店で、都会生活の中でその深刻な人文の息。彼と横に石库门横町の、ウィーン式建てで、そしてこの道に折衷?折中主義混合スタイルの戯院一緒にこの時代の雰囲気を構成したの淮海のある風景。近付いていくらかの都会を絵とビル彫刻ショーウインドーのセットは、深くこの都市の歓迎のモダンな現代風。