ユニークな配色と機能的なデザインで多彩な持ち方を提案

ボタニカル ガーデン(植物園)に芽生えるあたらしい生命の輝きにインスピレーションを受けたというティファニーの新作レザーコレクション。ポピーやライトキャメル、ネイビー、ティファニーブルーをキーカラーに、まばゆい春がハンドバッグに反映された。

今シーズンは、ファッション性と機能性を両立するフォルム、デザインと、ユニークな配色が特徴だ。オーガニックな曲線がどこかレトロな「チューリップ ショルダー バッグ」はストラップを調整することでフォーマルにもカジュアルにもマッチ。「スゼット ロック クラッチ」は、カラーブロックに加えヘアカーフとテクスチャード・レザーのミックス素材という2種類で展開される。取り外し可能なストラップで、クラッチとしてもショルダーバッグとしても楽しめる。