ヘンリー E. スタインウェイをテーマにしたリミテッドエディションの万年筆を贈呈

モンブランが1992年に設立した「モンブラン文化財団」。若い才能の支援や貴重な技術の保護になみなみならぬ献身を傾け、その分野の発展と活性化に貢献する人物を“アートパトロン”と位置づけ表彰する「モンブラン国際文化賞」は設立年からスタート。今年で23回目を数える。

そんな「モンブラン国際文化賞」は毎年1回、日本をはじめ、フランス、ドイツ、メキシコ、中国、アメリカなど11カ国よりそれぞれ1名の受賞者を選出。これまでにはイギリスのチャールズ皇太子やアメリカの音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズ氏、日本からは狂言師の野村萬斎氏、歌舞伎役者の二代目市川猿翁氏らそうそうたる顔ぶれが受賞。また、豪華な審査員の顔ぶれでも知られ、本年度、日本では建築家の妹島和世氏とクリエイティブディレクターの川村真司氏が務めた。

小澤氏をはじめとする各受賞者には1万5000ユーロが贈られ、受賞者みずからが選んだプロジェクトに寄付することが可能。さらに、モンブラン国際文化賞独自のリミテッドエディションの万年筆「パトロンシリーズ」のスペシャルバージョンが贈呈される。ちなみに、今年の「パトロンシリーズ」のテーマには、革新的なピアノづくりへの情熱と、音楽パトロンとしての使命感に敬意を表し「ヘンリー E. スタインウェイ」がテーマに選ばれた。

表彰式ではこの「パトロンシリーズ」のスペシャルエディションがセットされたトロフィーが小澤氏に贈られたほか、息子で俳優の小澤征悦氏も登場。さらにボストンレッドソックスの大ファンとして知られる小澤氏のために、同チームに所属する上原浩治投手からのビデオメッセージなどが届けられた。

アーティストではなく、いわば“影”の存在であるアートパトロンを対象にした世界でも例を見ない「モンブラン国際文化賞」。現代を生きるグレートパトロンたちの偉大なる活動にあらためて賞賛を送りたい。