わずか1秒をめぐる議論「うるう秒」挿入とは?

【6月24日 AFP】1分が1分でなくなる時は、いつでしょう?──答えは、今年のグリニッジ標準時(GMT)6月30日23時59分(日本時間7月1日午前8時59分)。1分が61秒になる時だ。

この奇妙な出来事は「うるう秒」を挿入するために起こる。太陽と月の天体間引力の影響を受ける地球の自転に、高精度の時計を同期させるための調整がうるう秒だ。地球で暮らす72億5000万人のうち、この変化に気がつくのはわずかな人々にすぎないだろうし、その瞬間をどう過ごすか計画を立てる人はさらにわずかだろう。

その一方で、時計製作の専門家たちにとって、うるう秒の挿入は非常に大きな問題であり、うるう秒を廃止すべきか、それとも存続させるべきかという論争も存在する。うるう秒の挿入を決定する権限をもつ国際機関「国際地球回転・基準系事業(International Earth Rotation and Reference Systems Service、IERS)」の地球回転事業部門の責任者であるダニエル・ガンビス(Daniel Gambis)氏も「(うるう秒の挿入には)問題点も存在する」と認めている。

はっきり言うと、うるう秒は家のタンスの上に置いてある古時計のような時計にとってはあまり必要ではない。だが、時間を刻む動きに原子の周波数を利用するような超高性能時計にとっては非常に重要だ。

GMTを世界共通の標準時として使用するために調整した「協定世界時(UTC)」に対するうるう秒の挿入は、1971年以降で25回実施されている。