スイスの腕時計の輸出はその6大主要市場ですべて急騰しています。

「フォーブス」は10月14日、スイスの時計業界が繁栄期を迎えたと報じた。スイスの腕時計の輸出の6つの主要市場は8月と今年の前の8ヶ月の成長を示しています。スイス時計業連合会のデータによると、8月のスイス腕時計の輸出額は5%増の15億スイス・フラン(約15.1億ドル)で、24カ月ぶりの低迷を経て16カ月連続の伸びとなりました。
8月のスイスの腕時計の香港市場への輸出は14.5%伸び、中国市場は18.6%伸び、日本市場は9.9%伸び、イギリス市場は0.6%伸び、シンガポール市場は25%伸び、アメリカ市場は9%伸びた。
全世界の輸出は2017年に回復し始めたが、アメリカ市場は2017年もマイナス成長を続けている。不況の中、多くのスイスの腕時計会社が入門価格の範囲で新シリーズを発売しました。その中で多くは入門価格を下げました。
2017年同期に比べ、2018年1-8月のスイスの腕時計の世界市場への輸出額は9.5%増加し、138億スイス・フラン(約139億ドル)に達した。8月には、価格が200ドル以内の腕時計の輸出が最も多く(13.5%)下落しましたが、価格は500ドルから3000ドルの範囲で腕時計の輸出が最大(9.4%)伸びました。