UNアテネ表2017新商品「マネージャー月の狂想世界の時」腕時計

イオナルド・ダビンチは、「簡単は複雑な究極の形」と言っていたが、アテネ表はその言葉を製表哲学の礎と化した。月の軌道と太陽が地球を回る動きを再現した「月の狂乱」は、地表上の視点で見たように、この空のバレエの演出は他の天文腕時計が見たこともないが、人間の直感的な表示方式の背後には、月相の変化に必要な複雑な仕組みが隠されている。
表盤の中央に描かれているのは、北極の極上の上空から見下ろした北半球の世界地図で、6時に位置しているロンドンの代表本初子午線、つまりグリーン・ウィーンの標準時間の0時である。3つの円盤は世界地図を中心に回転しており、外輪の円盤は太陽を表す記号を刻んでいる。この太陽盤は24時間ごとに表盤を1回りするとともに、昼夜の指示を兼ねた24時区の刻度リングを経て、世界時区の指示機能を構成して、腕時計着用者に簡単に世界を身につけることができる地域別の時間になります。
月は比較的中心の軌道によって現れて、その中の2つの円盤が共同で作用していて、上層の円形の窓はこの衛星が地球の位置に対するように指示されて、下の2つのKキムの円盤は月相の変化を示すために用いられます。このユニークな二重回転のメカニズムを借りて、アテネの時計は月相機能の精度を大幅に向上させ、腕時計の指示と実際の天象は1日で5.7秒、40年ごとにわずか1日の誤差である。
「月の狂想」の腕時計が世に出た8年、「月の狂想の世界は」は依然として表壇の上で唯一の実際の天象のようで、太陽に向かう月の明るい空の腕時計を現すことができる。表盤の上でさらに太陽、月の2つの天体の間の相対的な位置の変化の重力の作用と、地球そのものが生まれている心の影響によって可視化している青色の海洋を統合して、簡潔かつ明確に潮汐の上昇の状況をはっきり表示します。