京東時計スーパーカタログの日9分の売り上げは千万円を突破しました。

年に一度の京東時計スーパーカタログが8月14日に開幕し、電気メーカーの代表として、京東さんは実際のデータを使って活動に参加している時計企業に完璧な前置きをしました。活動開始の9分間で売上は千万元を突破しました。聞くところによると、この時計のカーニバルはヘンリーが慕う時、タイ格豪雅、天王、DW、飛亜達、依波、ロッシーニなどの国内外の有名な時計が集まっています。
戦報から見ると、京東時計の種類の日の各データは明らかになっています。当日の成約数は15万個を突破して、16社のブランドの売上高は百万元を突破しました。総売上高は去年と比べて600%を超えています。DW、西鉄城、ロッシーニ、セイコー、アルマーニ、天王、飛行亜達、依波などのブランドの販売量は今年の618%を上回りました。
このうち、国表の表現は特に目立っています。総売上高は去年と比べて300%近く伸びています。当日販売した腕時計のバンドの累計長さはチョモランマの高さの1.5倍です。DW、アルマーニ、佳明は欧米の時計類の売上高のベスト3をしっかりと占めています。ハイエンドのスイスの時計もいい成績を収めました。その日の成約数量は全部合わせて高さは世界一の高層ビルです。ドバイタワーの1.6倍です。
京東時計のスーパーブランドがこのような好成績を収めたのは、腕時計などのファッションアクセサリーに対する消費者のニーズが高まっているからです。一方で、時計ブランドと消費者の信頼が欠かせません。東京はブランドタッチの「電気」と消費者のファッションアイテムの第一選択の優良なプラットフォームになっていることが分かります。