タグ・ホイヤーとモーターレーシングから派生したタイムピースを取り揃える

タグ・ホイヤーは1860年の創業以来、究極の精度を追求し、他の追随を許さないプロフェッショナルなタイムキーピングに情熱を注いできた。さらにこれまで150年以上にわたり、モーターレーシングにインスパイアされた革新的なタイムピースも数多く世に送り出してきた。そんなタグ・ホイヤーがGM、ポルシェ、イタリアのピニンファリーナで数多くのカーデザインを手掛けてきた工業デザイナー、奥山清行氏とともに期間限定ショップを2月14日(土)から東京・新宿の高級腕時計専門店「BEST ISHIDA」のISHIDA GALLERIAにオープンさせる。

店内に設置されたコラボショップには、かつてないスピード感溢れるデザインとなっており、 2013年にKEN OKUYAMA DESIGNが発表したライトウエイトスポーツカー「kode9」が壁面を疾走するかのように展示されている。まるでサーキットを駆け抜けるかのように、時空間への旅に誘う。

コンセプトカー「kode9」とのコラボレーションウォッチやタグ・ホイヤーのタイムピースのほか、KEN OKUYAMA DESIGNが手がけるアイウエアなどモータースポーツの世界を彷彿とさせるアイテムも取り扱う予定。