アーサー王石の中から剣が鞘を抜き、とんがっています。

今年のバーゼル腕時計展では、飛亜達が発表した高級腕時計が、「沐楊時計」パネライコピー王剣シリーズの「アーサー王」の腕時計です。13本の剣を腕時計の文字盤にかけ、1時間おきに剣を外に向けて出撃し、アーサー王と12人の騎士が勇敢に敵を殺す姿を見せています。
「沐楊時計」は飛亜達グループ傘下のハイエンドカスタムデザイナーブランドで、飛亜達グループの設計監督孫磊(沐楊)の名前で命名されています。
文字盤の中央に剣があります。これは有名な石中剣です。彼は腕時計の分針です。この「石中剣」は文字盤の中心でゆっくりと回転します。彼が一週間回転して、腕時計の12位を指す時、周囲の騎士の剣は主君の命令を受けて、勇敢に出撃します。
具体的には、一時間ごとに、文字盤の中央の剣の形の分針が回ってきます。分針が12時の位置を指している時に、周囲の「剣」――時間の針が自分の軌道の内側から軌道の外端まで跳ねて、形態が変化しています。今の体は何時何点かを知ることができます。