タグ・ホイヤーがJリーグとトップパートナー契約を締結

1860年創業のスイスの高級時計メーカー、タグ・ホイヤーは、“ Don’t Crack Under Pressure(プレッシャーに負けるな)“をテーマに、自分に挑戦を続ける人々をサポートしているが、スポーツの中でもサッカー競技には特に注力している。ドイツのブンデスリーガ、イングランドのプレミアリーグ、アメリカのMLS(メジャーリーグサッカー)とコパ・アメリカ2016等においてオフィシャルタイムキーパーを務めており、この度、満を持して公益社団法人日本プロサッカーリーグ(東京都文京区、チェアマン:村井満、略称:Jリーグ)とJリーグトップパートナーとして、オフィシャルタイムキーパーの契約を締結した。ピッチでは、選手交代やロスタイム表示の際、審判の持つレフェリーボードがタグ・ホイヤーの時計のデザインとなる。また試合の放送時には、スコアなどの情報部分にタグ・ホイヤーのロゴが表示される。

2016年10月25日(火)、このパートナーシップに関する記者発表会をLVMHウォッチ・ジュエリージャパン株式会社にて行い、Jリーグチェアマンの村井満氏、特別ゲストとしてJリーグOBで日本サッカー協会理事・北澤豪氏、Jリーグ川崎フロンターレ所属の大久保嘉人氏、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ所属李忠成氏が登場。3名のゲストは、タグ・ホイヤーの時計「アクアレーサー」を身に着け、「時」をテーマにしたトークセッションを行い、時間の使い方や忘れられない時などを語り合い、終始、和やかなムードで聞く人々を魅了した。