宇宙船にも使用される“炭素繊維”をケース素材に採用したBALL WATCH「らしい」新作!

ボール ウォッチの人気のラインナップ、エンジニアⅡからある種、新たらしい「らしさ」を身にまとった新作が発売された。その名も「エンジニアⅡ ”ヴォルケーノ”」だ。ボール ウォッチの耐磁時計ではインナーケースを搭載しており、高い耐磁性を実現している反面、どうしても重みが増してしまう、という側面も持ち合わせており、使い心地については好みの分かれるところでもあった。その難題に対して、ボールウォッチは宇宙船の期待にも使用されていることで注目を浴びている”炭素繊維”と電磁シールドをまとった”ミューメタル”を組み合わせるという発想の転換で、従来の高耐磁性を維持しながら、ケース重量を約50%も軽量化することに成功した。

NM3060C-NCJ-GY

もちろん、そのこだわりは素材面にとどまらない。”炭素繊維”と”ミューメタル”を組み合わせたケースの素材独特の風合いを丹念に磨き上げ、持ち味である堅牢さに加えてスタイリッシュさも兼ね備えることに成功している。さらに文字盤の下のプレートと中枠蓋にも電磁シールド効果を発揮するミューメタル素材をふんだんに採用し、垂直方向に対する耐磁性は80,000A/m。スマートフォンの磁気(22,400A/m)をも、軽く防ぐ仕様となっており、まさに現代の環境にはもってこいの気配りも内包されている。

さらにベルトにはフィット感を高めるブランド名の刻印の入ったラバーベルトを採用。さらには、NATOストラップが付属でついており、軽量化とともに爽快な使い心地を徹底的に追求した、2WAYユースの秀逸なモデルに仕上がっている。

透磁率の高いミューメタルと、大きな磁石と呼ばれることもある火山に共通項を見出した事から、「ヴォルケーノ」と命名されたこの新作は、前述のケースの独特な風合いも相まって、冷え固まった溶岩のようなミステリアスな雰囲気を醸し出しており、実際に腕に乗せてみると、想像以上の軽さとフィット感に驚くだろう。一度、騙されたと思って手に取ってみることをオススメするモデルだ。