どこまでも進歩する技術は脱帽もの

2015年、ブルガリは1月にプレ・バーゼルの新作をジュネーブで発表した。その新作が、このほど日本にもお目見えした。特にジュネーブで注目の的となっていた「サファイア ウルトラネロ トゥールビヨン」はインパクトが強烈だ。ムーブメントを徹底的にエッチングしたトゥールビヨンはハイレベルだが、それだけに留まらない時計なのだ。

「このトゥールビヨンの最大の特徴は、ほぼ完全なスケルトンモデルだということです。文字盤とケースバックはもちろん、今回は、ケースサイドにもサファイアクリスタルを使用し、シースルーとしました」

そう語るのは、新作とともに来日したブルガリの時計部門コミュニケーション シニアマネージャー、パスカル・ブランツ氏。硬度の高いサファイアクリスタルをシリダー状に成形することは大変に難しく、それだけでもこの外装技術の高さがうかがい知れる。

文字盤の外周リングのドットマーカーは、同色の蛍光カラーのシャフト状のマイクロチューブがケースバックまで貫いてケース内にセットされたものだ。暗闇では、このマイクロチューブのスーパールミノバが発光し、文字盤側のドットのみならず、ケース側面まで輝いて見えるのだ。チタン製のケースには、ブラックDLC加工が施されており、この輝きが極めて強力なコントラストを発揮し、コンプリケーションモデルをいちだんと独創的に見せている。