年度表壇盛事は世界の腕時計を顧みると、中国

さん月24日- 31日を迎え、スイス名城バーゼル毎年恒例の「バーゼル国際時計宝飾展」。飞亚达進駐チーフ――「国際有名ブランドの館」いち号館、これも中国ブランド初進出バーゼル展国際ブランド館。「バーゼル国際時計宝飾展」「時計として世界第を」は、従来とみなされて世界の高級品市場の動向。今年、パテックフィリップ(Patekフィリップ・)、ブレゲ(Breguet)、ロレックス(Rolex)、ブライトリング(Breitling)、オメガ(Omega)などのトップブランドに進駐し、飞亚达ブランドの加入を書き換えられた国際ブランド館無中国ブランドの歴史、これは間違いなく中国時計業界発展の一裏塚。統計によると、今年のバーゼル国際時計展が2000を超す家の出展ブランドを慕って、世界各地の観客もじゅう万人を超える。