温潤のような玉マルタ――新江詩丹回マルタシリーズのドッカ腕時計

今まで、マルタは今、腕時計市場の中で大きく見えにくい独特の特色を持っています。確かに、マルタシリーズは、この特定のアートスタイルに依存していますが、このような時代遅れのスタイルには限りない魅力を与えています。これから紹介されたマルタの時計は、ただ顔だけで人を引き付けるだけではなく、中身の中には見事なツンドラの芯が躍動しているからだ。18 kバラの金具材の殻は、濃い灰色の盤面に合わせて、柔らかな色合いの雰囲気を醸し出す。それは、新しい江詩丹回マルタシリーズのドッカ腕時計です。
まず、その外観はすぐに人々の目を引きつけることができて、結局ほとんどのスイスの製造時計はすべて伝統的な円形の表殻を使っていて、マルタはその道を逆にして、かつてすべての天馬の空の設計の理念がすべて許可されて、受け入れられた時代にさかのぼる。Tonna型のケースは20世紀の初期まで遡ると、アートスタイルが盛んに行われていて、ファッションのラインが成形され、従来の外観も完全に破られてきた。もちろん形の面だけではなく、このマルタのツボ腕時計は大きさにも優れています:38 mmの直径、48.2 mmの長さ、独自の外観形のため、これらのパラメータに驚かされないようにして、男性の腕にとってはリラックスできます。
新年の新気象について、2017年に到来した江詩丹回マルタシリーズのスクラップ時計も新たなデザインスタイルを駆使しており、同じブランドという近くに発表された他のデザインのように、貴金属素材との出会いが魅力的な組み合わせ:18 kバラ金+板岩灰面。色気がやわらかい、コントラストがはっきりしていて、上品で上品で、白いディスクの表金と比べて、別の独自の魅力を持っていて、レイアウトにもコンパクトな質感に見える。12時位には、大号のローマ数字の時にXIIを使って使用していて、表の装飾アート(ART – Deco)のスタイルを強化し、手で縫製された黒いミシシは、ワニの皮の表面を縫って、ワニの皮の内張りを組み合わせて、手をつけている人の尊いセンスを見せた。
腕時計の内部に搭載されているツンカーのコアは、依然として濃い「匠」を帯びていて、工芸の水準は完璧だ。裏返しには、手厚い放光内角(職人たちが手にして磨きをかけて実現することができる)、時計橋の板挟みを見ることができる。繊細なジュネーヴの縞、放光帯の斜面のねじ頭、歯車の逆さ、開放式ドッダの支柱…ジュネーヴの印はそれにとって名実と言える。