イタリアで感じた、必然にして生まれたかたち

MEN’S CLUBにとってのブルガリのイメージは、これまでクラシックなラグジュアリーブランドといった要素が強かったけれど「オクト」が発表されてから、ずいぶんと変わったような気がします。ジュエラーらしい繊細な一面を残しながらも、ラグジュアリーブランドのなかで一番マスキュリンな雰囲気をもっているのが「オクト」の良さだとおもうんです。

話はさかのぼりますが、以前アルミニウムのブルガリの時計を所有していたのです。当時は、どのブランドもメンズの時計といっても、レディスの延長線上にあるようなデザインが多かったなかで「アルミニウム」が登場して、一気にメンズウォッチのデザインの在り方みたいなものを変えたんじゃないかな。それまでは身につけるひとを選ぶデザインだったのを、万人受けする方向へと転換したモデル。それが「アルミニウム」が果たした役割のような気がする。

ここ数年、ミラノサローネに行っているんですが、そこでたくさんの建造物やプロダクトを目にするわけじゃないですか。そうすると、やはり優れたデザインを間近に感じることで、いくつか見えてきたことがある。つまり“なぜこの地で、このデザインが生まれたのか”ということ。ブルガリは歴史のあるブランドだけど、出るべくしてリリースされたのが「オクト」だとおもっていて、他のブランドにはない、時代にふさわしいスポーティさや男らしさをもっているのではないでしょうか。