秋と冬のくすみを拒否し、それらの深くエレガントな時計のデザイン

9月になると秋の味覚が強くなり、夏のバプテスマを経て、秋冬の到来を楽しみにしています。秋が近づくにつれ、人の服の色は赤、青、黄色から黒、白、灰色に徐々に変化します。一般的に、涼しい色はくすんだ退屈で距離感がありますが、そうではありません。ニュートラルと明るい色は独特の味。クールと分類されるこれらの色が芸術と美学と完全に組み合わされると、一種の美しさと優雅さである予期しない効果と衝突します。

時計の美的デザインは世界中のさまざまな分野をカバーしており、そのすべてがこの広場に表示されており、色の美学はその重要な部分です。デザイナーは色の力を解放するために独創的にそれを最大限に発揮しました。巨大なウォッチキャンプは、スキルの継承だけでなく、文化の振興と色の開花でもあります。

パルミジャーニフルリエトンダ1950シリーズの時計は、クラシックの中でも定番であり、滑らかなライン、シンプルな文字盤、エレガントなゴールドケースで常に知られています。この記事で紹介する2つの時計は、Tonda 1950のユニークな要素も引き継いでおり、そのような絶妙な素材と融合したブランドのハイファッションデザインコンセプトによって作成されたブランドの新しいファッションストラップにもマッチします。 。高貴な紫は最も魅力的な美しさを示し、他のカラフルな色はピクセル化されたモザイク効果を形成し、この秋にどんな色が溶け込んでいるかに関係なく、スタイリッシュなビジュアルアートを作成します。